海に焦がれる碧い書斎

感想、考えたことの記録

「怒り」を飼い慣らせ

 

前からアンガーマネジメントに関する本を読みたいと思い、ようやく触れられたのがこれ。

 

 

 

アンガーマネジメント入門 (朝日文庫)

アンガーマネジメント入門 (朝日文庫)

 

 



 

 

アンガーマネジメントのことを知りたいと思った大きなきっかけは、以下の悩みであった。

「大きな声で説教されたり、怒鳴られるとひどく弱ってしまう」ということ。

たとえ言ってることがどれだけ正しくてもその感情的な表現にただびっくりして、泣いてしまったり萎縮してしまう。下手したら体調にも響いた。

 

そんなことがあってから「もし私が注意したり指摘したりするなら、なるべく冷静に伝えられるようにしたい」と常々思う中で出会った言葉が「アンガーマネジメント」であった。

 

この本における前提

アンガーマネジメントにおいて定められていることはいくつか書かれていた。大きく分けると

 

  • 怒りは自然となるものでなく自ら選んで成るもの
  • 怒りのきっかけには共通点があり、過去に由来する

 

の2つであった。あとは認知行動療法とか書くことによる分析とか記録とか、アサーションとかコミュニケーションや啓発関係の文書なら一回は目にしてそうなものについて言及されてたのでそこらへんは省略。実践編におけるグラフ分けのところは今後やってみようかなと思った。

 

 

怒りは必要なもの

 

この本において怒りそのものを否定している、というわけではない。

怒りに任せた行動をとることで仕事で失敗して評価下がって結果損するのは勿体無いよね?損しないようにこうしましょ?

というのが軸である。

怒りが必要な場面や状況というのはあるし、しょっちゅうキレ砲を放つより、ここぞという時にキレ矢を放ったほうが相手に届くなんてこともある。あとはあまり考えたくないけど、丁寧にかつ冷静な言動に徹したために相手がナメてしまうこともあるので、その時もスッと「ナメてんじゃねえぞコラ」という意思表示(ぶつけるのではない)も必要だろう。

 

なので結論として

 

  • とても怒りっぽく公的な場面(仕事、重要な取引、挨拶をする時など)でもキレることがある人
  • 読者自身は怒らないが、怒りの仕組みに興味がある人

 

あたりにおススメです。タイトル通り入門書として丁度いいと思います。

望むだけじゃ手に入らない なら

トピック「ドリフェス」について

 

 

せっかく作ってくださったトピックを一過性のものとするのかなり惜しいので再び。
今回はドリフェス !の世界に飛び込むことになったきっかけと直近の話です。


‪ 先日、ドリフェス !ツアーの物販で買えなかったCDをようやく手に入れました。KUROFUNEの1stシングルです。





ツアーファイナルであるパシフィコ横浜の物販で買おうとしたのですが、私がCDなどの円盤物販に並んだ時は何種類か切らしていたらしく、先にあげたCDもその1つ。かなり悔しい思いをしました。

ARRIVALのアゲっぷり、ミアモールの艶やかさ。そしてミニライブではじめて「シナリオ」を聴いた時に感じた切なさと衝撃。各3曲のinstrumental版もいいかんじです。


そんな中、KUROFUNEの「シナリオ」を聞くたびにうるっときて作業中断しちゃう動きが既に来ています。この曲すごく刹那的というかライブステージ特有の一瞬一瞬に爆発する勢いとか物語とか立つ人の物語とかそういうの詰め込んでる感があるんです、私の中で。この曲をライブで聴けたからってのもあるかもしれない。強い思い出があるからというのがあるかもしれない


ドリフェス !で初めて参加できたイベントはラジオの公開録音ですが、ライブについてはKUROFUNEのミニアルバム発売記念のものなんです。
当時は同作品の知り合いは1人もいませんでした。友人知人から教えてもらったわけでもなく、なんとなーく気になってた日々を過ごして思い切ってミニアルバム買って、応募したんです。そうしたら運良く当たって、行くしかないっしょ!と。
そしたらまさかのバンド演奏だし2人とも美しくてかっこいいしでめちゃくちゃ衝撃くらって。
そこでドリフェス !の世界観というか、ステージ上でのあり方が見えてきたし、KUROFUNEの2人が話すと、歌うとどんな感じなのか直に響いて大変貴重な時間を過ごせたと今でも思います。
再生するたびに「ミニライブで受けた衝撃は変わらない」「嘘じゃない」ってCDに教えてもらったような感じで、曲を聴くたびに言葉にならない何かがこみあげてうるっとします。あの時思い切って1人で飛び込んで本当に良かった。やっぱりKUROFUNE好き……

バーフバリ!バーフバリ!

 

ここ最近ゆううつな気分を過ごしがちだったので、話題のインド映画見たら少しは気分転換になるだろと先日軽い気持ちで鑑賞してきました。

 

 

「バーフバリ」を。

 

 

‪アクションが欲しいならバーフバリ‬
‪圧倒的スケールが欲しいならバーフバリ‬
‪華やかな世界観やファンタジーが欲しいならバーフバリ‬

ハイテンションな作品見たいならバーフバリ

 

もうバーフバリを見たらだいたい解決しそうな感じです

 

 

‪接近戦こそ弓矢‬を使うのもバーフバリだし
‪黄金像(首だけ)‬を主張するのもバーフバリだし
‪親切な前説とED‬流してくれるのもバーフバリ。

それにヤシの木使った圧倒的DIYが見られるのもバーフバリですね!
‪インド映画名物の大人数ダンス&歌も勿論見られます。

 

 

いやぁバーフバリの圧倒的にカリスマ性、私はただただ民としてひれ伏すしかないと思いました。

圧倒的にボリュームの前では誰もがバーフバリと唱え続けていかざるを得ないでしょう。

こりゃ絶叫上映とかやるわけだ。

 

さっきから何言ってんだコイツと言われそうですが正直私もよくわかってません。だってバーフバリなんだもの。

 

 

バーフバリ!

 

 

貴方と私がよりよく生きていけるために。

 

小さいサイズからは想像つかないボリュームの本と、久しぶりに会いました。

 

 

 

 

 

 

内容としては

セクシャリティにまつわるQ&A(キャッチーな話題から隣人まで)

・歴史(漫画アリ)

・用語解説

・著者にとっての用語

 

の4つ構成なんですが

とにかく情報量がすごい。すでに販売されてるセクシャリティ関係の本で書かれているものはもちろん、国内外の動きや最近できた英字の用語まで詳しく書かれています。これらを調べるのにどれだけの手間暇をかけたのだろう、と思うとただただ拍手ですね。

 

Q&A方式では牧村さんとそのパートナーとの対話形式ですが、気になったのは牧村さんの意見が強め・多めに書かれていたところですね。もちろん著者本人だから当然といえば当然ですが。ただせっかくの形式ですし尖った問いも含め、パートナーがどう思っていたのかもうちょっと書いても良かったのではないかと思おます。

 

 

この本については、

  • セクシャリティのことが気になる
  • 自分が何者なのか
  • 自分の近くにいる人がそうかもしれない
  • 勉強してみたい人

 

あらゆるタイプにオススメできる充実した内容と思っています。

 

 

 

私自身もかつて、いろんな用語を調べていた時期がありましたが、あまりの多さに

「あーもうわかった!一人一人違うてことでいいやろ!んで相手を尊重しつつ聞きたい時は聞く、言いたくなければ強要しない!それでええやろ!」

と雑に手放して、以後は言葉とか属性を考えるのはやめてなるべく相手の言葉や考え、意思を重視しようと決意しました。(もちろんこれはこれで気をつけなければならないことは多々ありますけどもね……)

 

 

ではなぜそんなに専門的な用語言葉がたくさん生まれて存在するのか、というテーマを踏まえて読むと、見える世界が変わると思います。

いやほんと情報量すごい。

ドリフェス !は「新しい明日と未来」を私に見せてくれた

トピック「ドリフェス」について

 

ドリフェス!ツアーの最終公演、横浜パシフィコでのアツいステージを見終え,

先日の発表を聞いたファンの感想です。

 

 

 

 

 ドリフェス

・知ったきっかけ

制作スタッフの何人かが、大好きな作品「アイカツ!」と同じだということと

一部の出演者で特撮出演者がいたこと

それ以外はほぼまっさらな状態で、アニメも1期の7話前後から見始めたという途中参加。

はじめてドリフェス !関係のイベントに参加したのはアルバムRealDream特典から当選したラジオの公開録音。

 

 

 

 

 

 

 5次元アイドルという未知の領域

 

 ステージに立つ彼らからの言葉に「愛」「すごいプロジェクトな立ち会えたこと(滅多なことではないという意味で)」「信頼できるスタッフ」というのが含まれているのが印象的である。

 

 

 昨今の2次元アイドルと全く異なる特徴はいくつかあるが、その中でも大きいのが普段は演じる彼らのステータスが俳優であるということ。大手事務所に所属し、中には特撮やドラマに出演のある人もいるが声の芝居がはじめてなメンバーがほとんどで、ダンスを苦手とする人もいた。

また、関わる役者はメインユニットの5人とライバルユニットの2人で計7人、とコンテンツとしてはかなり少ないのもポイントである。

これによりライブイベントでは5人揃い、2人揃い、又は7人揃いがベースとなっているのだ。

 

 

 アニメやアプリから見える成長

 

 

そんなわけで、アニメ1期はとにかく初々しい。しかし、2期であるRやアプリのイベントごとに追加されたボイスと比べて欲しい。

ものすごく成長しているのがはっきりわかる。

声の芝居は他の芝居とは違った技術があるらしく、某有名アニメ映画で声の芝居に挑戦したある有名役者が「難しい」と答えたほどである。

回をおうごとに、声の強張りがほぐれて、活き活きとした感じがどんどん出ている。もともと特撮を通じて新人役者が成長していく様子を見守るのが好きなのもあって、メンバーの進化や作品に真摯に向かい合う姿にはただただ尊敬である。

 

 

 選ばれた曲たち

 

ドリフェス の特徴として、1つの曲を様々なメンバーが歌うことも多いことも含まれる。

なんかすごくアイカツ感あるな。

ユニットの垣根を変えることもあり、それによる特別感は最高を超えている。パシフィコ横浜で見られたメビレのチヅと勇人コンビ好き円盤楽しみだなぁ。

 

曲といえば、このコンテンツが発表された時の最初の曲がまさかの、のちにトラフィックシグナルとなる3人による「グローリーストーリー」であるというのが驚きだ。様子見の状態で初期の映像を見て思ったのがとにかく

 

渋い。

すぐ下の公式動画を見てほしい。

 

 

www.youtube.com

 

 

後から考えてみた。なぜ一番最初にお披露目した曲がDearDreamのデビュー曲「NEW STAR EVOLUTION」ではないのかを。

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

ハマってしばらく経って気づいたのだ。そういえばアニメで最初に登場したレジェンドアイドルの三貴子の一人である三神さんが1番に言った曲がそれだった。そして主人公である奏くんがデビューした時に使った曲もそれだった。NSEは2次元と3次元の両方を示すためのもの。

ロックからバラードまで、爽やかなものからセクシーなものまで色々あるけど、あれが始まりの曲という位置付けにしたドリフェス のセンスにただただ脱帽。

 

 

 

 割と自由な感じのライブステージ

 ミニライブや公開録音、大型ライブまでいくつか行ったが

とにかく彼らは「自由」だなあと実感する。

 

パフォーマンス中にあったアクシデントについて普通にトークの内容に盛り込んだり

誰かがツッコミかボケをかましたら「え?」みたいな雰囲気になったり

などなど、そういうところでいい意味での自由さが見える。

かつて配信されていたドリフェス!研究室はそのユルさが絶妙である。

 

アイドルコンテンツというのは、次元を問わず

世界観を徹底させるために様々な制約やルールがあることを

ファン側で見ても実感する。

わかりやすいのだと発言内容やその順番とか、誰と誰が仲良くしていたほうがいいのかとか、センターをはじめとする立ち位置の意味とか。

これによりグループ内での闘争心やファンの応援する気持ちを高めたりするわけだが、

ドリフェス!は不思議とこのあたりのルールで固められた特有の世界がいい意味で感じられない。

もちろん実際のところは、センターは存在するしトーク内容もキャラの性格も決まっているし歌っている曲や世界のコンセプトははっきりしている。

何故だろうと思ったが、その理由の一つとして単純に

どこもやったことがない分野を、彼らが真摯に進んでいくこと

があるんじゃなかろうか。

 

 

真摯さとは、となると……。

先月行われたKUROFUNEのバトルライブ、そしてツアーラストのパシフィコ横浜

共通していた、ある場面だろうか。

それは演者が最後のあいさつで感極まって言葉が詰まったとき

演者もファンも茶化したり泣かないでーと言わずに、静かに待つ」

という場があったことである。

次の言葉を待つまで、じっとする彼らとファン。

無音というのは、下手したら不安要素となる。

しかしあの空気に不安の要素はなかった。

これが信頼関係ということなんだな、と感動したのを今でも思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

1人が貰った14人の勇気とたくさんの輝き、奇跡

 

ドリフェス !のイベントを通じて様々な方との出会いがあった。

それも「‪誰かにすすめられたわけではなく、なんとなく自分の気持ちを信じて飛び込んだ作品」。だから1人で飛び込んだようなもの。‬もともとイベントに1人で行くこと自体は珍しくなかったが、それでもドリフェス !を知り始めたばかりの頃は、お友達同士で話せる方々を客席などで見ては、羨ましく感じていた。

けれど、ドリフェス !をもっともっと好きになることである力を得られたような気がする。それは「勇気」。アニメで語られる奏たちの言葉、ステージで語られる壮馬くんたちの言葉、‪7人、14人の輝きとか熱意をたくさん受け取ってるうちに、これからが楽しみになる、‬5次元の世界という新しい道を進もうとする勇気が、見えたから。


そうして、イベントに行くことで数々の奇跡を目の当たりにする。
たまたま待機列で一緒だった人とお話ししたり、たまたま隣にいた人と、たまたま同じ店にいた人と、同じ作品を語り合える。それができた。この私が。

ルックスも社交性もまだ強いコンプレックスがあるけど、せっかくの機会だから、とちょっとしたきっかけでこちらから声をかけてみたり、過去イベの感想を語ったり、出演者のことを語ったり手にしてるグッズのことを聞いてみたり。些細なことだけども、そこから優しく答えてくださる皆様の言葉に本当に救われた。ドリフェス !だからこそ出会えた奇跡と思う。


この作品のイベントに足を運んだ方ならわかると思うが、意外とファン層が様々である。俳優おっかけ、アニメ好き、ライブではフェミニンな格好で決める人もいれば、Tシャツやうちわで気合い入れる人とか。男性客もいるし、アイカツおじさんもいるし、客席を見ただけでも興味深い景色が見える。


そんな自由さも伺えるこの世界に触れることができて、本当に良かったと思った。
ありがとうドリフェス!この世界に会えてよかった!だからこそもっと応援して、武道館だけじゃなくて、もっと沢山の新しい明日を見ていきたい。

 

2次元のコンテンツ好きになって思うこと

 

いろんな文章を見て最近思うのは、多種多様になっているように見えるヲタク向けコンテンツは、基本的に特定の性別(男性、女性のどちらか)をターゲットにしていることに変わりはないのだなぁと。

 理由は、その方が売りやすいから。しかしそれを打破しようとしてくれるところがあります。それはリアルで人が動く場所です。例えば、男性アイドル作品。ライブでは女性客が多いですが女性だけでなく男性にも声出し求めるトークを盛り込むこともあります。

 

私も実際、この手のことで傷ついたことはけっこうあります。あぁ、このキャラが求めてるのはそっちかぁ、と画面越しにショックを受けたり。仕方ないと思いながらも。だからもし、性別方面で悲しい思いをしたことがある方はどうか、リアルで人が動く場所へ、勇気を出して行ってみてほしい。私はこれでとても力をもらった。

 

ではプレイヤー=主人公を男女どちらでも問題ないような設定にすればいいのでは?という話も出そうですがこれはかなり根気のいる技術、言葉選びが必要になるのではないかと思われるます。他のキャラクターとの距離感、言葉遣い、背丈の違い、触れ方、などなど細かいけれどあらゆるところで性別というのは思いの外出て来るんです。

 

 

そして、その作品に人気が出たとして運営長期的になれば、逐一問題や矛盾がないかチェックしていく必要が出てかなり手間がかかります。昨今の早期大量生産型の娯楽において、これはかなりのコスト。たとえ名無しで姿がはっきりしないプレイヤーでも特定の性別、年齢を決めたデザインの方が圧倒的に楽、なんだろうなぁっていちプレイヤーとしては思ってしまうわけです。

 

 

リアルで人が動く場所、というのをすすめましたがこれにおいて一番気をつけなければいけないのは「その場所は永遠には続かない」ということなんです。加齢、環境、ステージに立つ人が持つほかの仕事など様々な理由でその世界から離れて2度とその人がステージ上でパフォーマンスしてくれなくなるってのがあるんです。珍しくありません。

 

 

たとえどんなに大きなコンテンツでも、どんなに少数派であってもこれは絶対に避けられない話で、私はたくさんの「この人があの世界であの歌を歌ったり生でファンに語ってる姿をもう見られないんだ」というのを体験していきました。きっとこれからもたくさんすると思います。わかっていても。

 

じゃあなんでそんなこと続けるのって言われたらそりゃ単純にそのコンテンツが好きで生きる理由の1つになってるからですよ。成長してる姿に感動するし、ひとつひとつの言葉を大事にする姿は、希望にもなるんです。だからもし、音楽を聴いてこの人の歌いいなって思ったりアニメやゲーム、見てこの人のお芝居面白いっ!とか思ったら、一度はステージを見に行ったほうがいい。絶対。

 

 

 倍率とか知名度とか応募方法とか悩むところはありますが、ひとまず勇気を出して踏み出すのも、いいんじゃないでしょうか。

 

 

敏感な人は、いる!

 

最近HSPを知り興味を持ったのでまた1冊読んでみた。

 

 

敏感すぎて生きづらい人の 明日からラクになれる本

敏感すぎて生きづらい人の 明日からラクになれる本

 

 

 

 

 

HSP発達障害の違いについても指摘されたけど、そこだけはイマイチ把握できず。まだまだわからないことはあるんだなと思ったり。当事者目線、他者目線のQ&A形式になってるのは良かったと思います