海に焦がれる碧い書斎

感想、考えたことの記録

好き嫌いがわかる?愛の種類/百合BL感想

一時期Twitterでも話題になった「百合BL」。果たして一体どんな中身なのか?恐る恐るページを開くと、想像以上にバラエティの富んだ、アンソロジーだからこそできる仕上がりとなっていた。

 

 

百合BL (Charles Comics)

百合BL (Charles Comics)

 

 



 

 

 

そもそも百合BLと聞いて何が浮かび上がるのか

 

これまで様々なBL作品が世に出され私も見てきた。百合BLを出したシャルルコミックスさんもすで他のジャンルでのBLアンソロジーを生み出しており、今後も新しいテーマが出されるようだ。

今回の百合BLというタイトルと表紙を見てまず思ったのは「百合BLてどんな定義なんだろう?」というハテナ。

例えば褐色、筋肉などの身体的なパーツをテーマにしたものはまぁそういう人物が出るんだなとわかる。しかし百合BLとなるとどうなのか?

 

  • 見た目が女の子みたいな男子が絡むのか?
  • バリネコなお兄さんたちが絡むのか?
  • それとも絡み方がいわゆる百合なのか?

 

すぐに想像がつかないまま手にしたが、結局のところこの3つが各作品のいずれかにある(または3つのうちのいくつかを複数兼ねたもの)しあがりとなっていた。

 

多ジャンルだからこそできること

 

BLの面白さというのは、登場人物同士の関係性

、結ばれ方を重視したラブロマンスを軸においていることが多い。そのため設定や人物の職業や年齢は幅広く、今では話の作り方やデザインも変化し続けている。

そして驚くことにBL漫画はアニメショップやヲタク向けの店だけでなく一般書店にコーナーを設けており、様々な層が利用する本屋で隅っこでなくわかりやすいところにドーン置かれている場合も。それだけ定着しているのだろう。

そのおかげで自分の好きなジャンルや作画を手に取りやすいし、定番なネタも存在している。百合BLを読み終えた直後、久しぶりに新鮮な感覚を味わったのだがきっとそれは「定番」「新しめなネタ」が混在していたからではないだろうか?

私自身「BLにおける好みをわかりきってるし、さほど嫌いや苦手なものなんてない」と思っていたのだが、この本と出会ったことで久々に衝撃を食らった。自分の意識ってこんなものだったのかー、まだまだ世界は広い、と痛感。

 

好き嫌い見える本として触れてみる

 

人がどんな作品を手にして触れるかは基本的に自由である。しかし私の場合「自分は定番や好みなものだけに浸かっているのでは?それでいいのか?」という疑問がここ最近浮かんでいた。実のところこの本を購入するかは非常に悩んだ。もし苦手な分野(いわゆる地雷)に触れてしまい、苛立ってしまったら……という不安があったのだ。しかし、せっかくならいろんなジャンルに触れていきたいという意欲があるし、と。結果として苛立ちや極端なショックはなく「あーやっぱり私には口に合わないのがあるんだ」とほんのり再認識させてくれた、とても濃ゆく良い経験をさせてくれたアンソロジーであった。

 

 

 

 

ちなみに1番どストライクなのは深夜ファミレスのお話である。